-

自己破産の申告をおこなったとしても裁判所から家族や親族に事実関係の報告などがなされるといった類いのことは考えられません。という訳ですから、家庭には知れ渡らないように自己破産申請が可能だとも考えられます。ですが、実際問題として、自己破産というものを希望するときに司法機関から同居している親族の給金を証する紙面や銀行の預金通帳の写しなどという証明資料の提供を求められるといったことがありますし貸し手から家族へ通達がいくこともあり得ますから、家庭に知られてしまわないように自己破産の申立てができるという100%の確証は得られるものではないと考えられるのです。無理に隠して後になってから秘密がばれてしまうよりかは、まず最初から話をしてご家庭の方々皆が一丸となって自己破産の申立てを行う方がよいでしょう。その一方、異なった場所に住む親族であれば、自己破産手続きをしたことが知られるといったことはまず悩む必要はないといえるでしょう。妻/夫の支払義務をなくすことを目的として婚姻関係の解消を計画する夫婦もいるようですが実は、たとえ婚姻関係を結んだ間柄だとしても原則的にはその人が連帯保証人という立場にならない限りにおいて民法において拘束はないのです。ただし連帯保証人という身分になってしまっている時はもし別れることを行っても保証人という立場上の義務に関しては残っているから法的な支払義務があると言われます。したがって、離縁することを行うとしても返済義務の法的な支払い義務が無効になるようなことはあり得ないのです。また借りた会社が破産者の家庭に支払いの請求を行ってしまうことがありますが連帯保証人又は保証人にサインしていないということであれば親と子供ないしは兄弟など家族や親類間の借金について借りた本人を除く家庭の人に民法上では法的な支払い義務は認められないのです。そもそも、借りたところが法的な支払い義務を持たない近親者へ督促をすることは貸金業規制法に関する政府機関の業務基準で制限されているため、取立ての実施方法によっては貸金業の規制法の支払いにおける督促の取り決めに背くこともあります。それを真に受ければ、法的な支払い義務を負っていないにも関わらず借り手の近親者が催促を不当に受けてしまったのであれあば、債権者に対して取立てを止めるよう警告する内容証明の書類を出すのがいいでしょう。よく借入者本人のことがとても可哀想だからといって借り主以外の近親者が返済義務を代わりに返済してしまうような話もありますが、借り手本人が幸運に自立の心を忘れて以降も借金のトラブルを蒸し返すことがないとは言えません。ですから債務を負った本人の立場で思いやったら冷たいかもしれませんが自分自身の自助努力で借入金を返済させていくか自力での更生が無理であれば破産申込をさせた方が借り手本人の長い人生のためになると思われるのです。