-

カードを使用取りやめにすることそれ自体は全くもって易しいものですが契約解除するをする上で留意しておきたい何個かの注意点を忘れないでしまえば、カードの契約解除申請もトラブルなしに完了させることが簡単になるに違いありません。

留意すべき事柄をまとめましたのでぜひとも参照して頂きたいと思います。

クレジットカード登録の直後半年も経たず即機能停止は控えるべき:カード登録した後間髪入れず手に入れたクレジットを契約失効をしてしまうと、要注意人物などというように信用情報取扱機関の評価において認定されるなどという意図せぬことがあり得ます(まずないでしょうが何回にもわたって手続き⇔契約解除申請という作業を行ったようなとき)。

中でも契約成立時のギフトカードのプレゼントの獲得が目的である申請の際ギフト券またはプレゼントといった入会した時の特典の全てを獲得したという理由で間髪入れずカード無効化を行いたくなってしまうような考えも理解できます。

それでも当事者サイドの視点より考えれば相手のことを考えない顧客においては金輪際社の用意するクレジットを持って余計なコストを増やしたくないなどと利用者を切り捨てるとしても当然。

なので、万が一入会時の限定特典以外に魅力を感じずにクレジットカードという代物を作ってみた場合でも、間髪入れず契約解除しないで最低でも180日、余裕があれば契約後1年該当するカードそのものは保有して契約解除の電話はその後で行うことを推薦したいと思います。

あるいは作成時の限定特典ということに限ったことではなく、作成してみたとは言え使うことがないので早く契約を解除したいという状況であっても、最低でも発行してから半年経つ間は財布の中のクレカを持ちし続けて頂きたいです。

登録するサイドが予想するよりもカードというものを新規に用意するためのお金や手間はかかってしまうものだと理解して、ほんの少しでも手間を減らしてあげよう・・・という具合に思いやってもらえることが出来れば良いのではないでしょうか。