-

あいにく現代ではすごくまれな場合を除外して切符のお店に行ってもクレジットを活用する事が出来るところはほとんど存在しません。

そのような事で、VISA、MasterCard、Diners clubなどのギフト券を駆使した遠まわしに使うカードの手法は大半は実際には実行する事はできないだと考えられます。

それだとどういう技を利用すれば直接的でないクレジットカードが可能なのでしょう?と言われればその方法とは今たくさんの人に使われている電子マネーであるEdy(エディ)、Smart Plus、だったりnanacoなど。

知らない人も多いが、このようなもの利用して間接クレジットカードを実行するという事が可能なのです。

Edy、Webmoney、Smart Plus、であったりSuica、VISA Touch、nanacoなどはカードで買い付けることが出来る金券◇Edy(エディ)、Smart Plus、またはSuica、WAON、nanacoなどに耳慣れない人々から見てみると漠然とハードな印象を思い描くのかもしれないですが、こういった電子マネーはいうなれば単なる商品券です。

MasterCard、Diners clubなどのギフトカードと全然相違点はないのです。

その上これらの電子マネーはカードを駆使して簡素に換金出来るという事が特徴であるのです。

さらにこういう電子マネーというものは目下コンビニを初め、街ナカや多岐にわたるショップなんかにおいても利用可能なようになってきているようだ。

「当店舗の品物の購入にはクレジットはご使用にはなれません」という風に貼り紙されていた販売店での支払いでもPASMO、QUICPay、であったりVISA Touch、nanacoなどなら運用できる事がたくさんあるのです(クレジットポイントが確実に得られる)。

要するにクレジットが活用できない店舗だとしても直接的でなくクレジットを使う手法で、カードポイントをもらえる分だけ得ていこうというやり方です。

通常、たくさんの買い物をエンジョイする限りでは得られないクレジットポイントなため、必ず、利用してはいかがでしょうか。