-

「スプレッド」とは外為取引は外貨をトレードして利ざやを稼ぐ商品です。79-16-114

値は変化しています。79-4-114

これが為替レートです。大宮 上野クリニック

ラジオのニュースを聞いていると、通貨の為替のニュースが流れる場合があります。79-5-114

「ただいまのマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。79-7-114

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表しています。79-20-114

外為取引には買いと売りの価格があるという事です。79-3-114

売値のことをBID、買値のことをASKと提示している取引会社もあります。79-14-114

普通は売値の方が安い価格に決められています。79-19-114

現実に買うときには高く、売るときには安くなります。79-8-114

その差分をスプレッドといい、FX業者の儲けの一部になっています。

スプレッドの狭さは業者によって変わります。

スプレッドの狭さは自分自身にとって手数料になるので、狭いFX取引会社を選択するほうが有益です。

ただし、同じ会社でも状況によってスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

仮に通常はドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差だとしても、為替の変化が激しいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化が小さいということが重要です。

今では変わらないスプレッドの差を提示する取引業者もいろいろあります。

実際にFX取引会社の取引画面の上でリアルな市場を見なければ判断できないので手間がかかりますがとても大切なことです。

貴重なお金を投資して注文するのだから実際の注文の前に、興味を持ったFX会社の新規取引口座開設を積極的にして、示されているスプレッドの狭さをチェックしましょう。

同じ通貨のペアでも、為替の変動率(ボラティリティ)によって通貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

いつもはインターバンクで取引量の多い通貨ペアではスプレッドの幅が小さくあとの通貨ペアではスプレッド幅が広くなる事が多いです。