-

【全損】とは名称通り車の全部が壊れてしまった状態で、つまり走行が出来ないように車としての役を満たさなくなった際に使いますが、保険における(全損)はちょっと違う意味合いが込められています。年齢早見表

保険のケースでは自動車が壊された状態で「全損と分損」などと2つの状況に振り分けられ『分損』は修理費が補償内でおさまる時を表現し、それとは反対に『全損』とは修理のお金が保険金の額を上回ってしまうケースを指します。カイテキオリゴ 東尾

通常では、乗用車の修復で《全損》という場面では車の心臓となるエンジンに致命的なダメージが起きたり、自動車の骨格が曲がってしまったりして修繕が無理な場合再利用か廃棄になるのが常識です。ホットプライス HOT PRICE

けれども、乗用車の事故が発生してディーラーや保険会社が必要な修復費を推定した状態でどんなに表面がしっかりとして直すことが可能な状態でも修復の費用が保険額よりも高くては何の目的のために保険にお金を支払っているのか分からなくなりそうです。ホタルイカにはこんなにすごい栄養が!

こういうときには『全損』と判定して自動車の所有権を自動車の保険屋さんに引き渡して補償額を負担してもらうシステムとなっています。アヤナス店舗情報

当然の事ですが長い年月乗り続けたマイカーでこだわりがあり自腹で修理をしてでも乗りたいとおっしゃるひとはけっこういますから事態によって自動車保険の会社と確認しあうといいかもしれません。

また、車の保険によってはこういった事態のために車両全損時諸費用補償特約など【全損】の際に特約つけている場面がたくさんあり、例え、自家用車が(全損)なった場合でも買い替えなどお金をある程度補償してくれる時も存在したりします。

さらに盗難時補償の特約をつけているととられてしまった乗用車がどこかへいってしまった場合も【全損】の扱いで保険が適用される仕組みになります。